フォローする

使用例

1)Wistikiを付けた鍵がソファのクッションに埋もれて見当たらないとき     

 アプリから呼出音を鳴らしてWistikiを見つけましょう。

 

2)Wistikiはあるけど、スマートフォンが見当たらないとき

本体の凹部を強めに押すと、スマートフォンが鳴ります。マナーモードになっていても最大音量で鳴ります。

 

3)周りがうるさくて呼出音が聞こえないとき

呼出音を鳴らすとアプリに距離センサーが現れます。オレンジの線は、Wistikiまでの距離を示しています。障害物の有無などによって左右されることがあります。

 

4)Wistikiを付けた鍵を家に忘れてきたのか、友だちのところか、もしくは車の中か、どこに置いてきたのか思い出せないとき

アプリ上の地図で位置を確認すれば、最後にWistikiがアプリの近くにあった場所が分かります。

注意!位置情報を随時更新できるGPSはWistiki本体には内蔵されていません。WistikiがBluetooth® でつながっているスマートフォンやタブレットの位置情報を利用しています。そのため、置き忘れた鍵がその後別の場所に移動された場合には、正しい位置を表示することができません。

 

5)車をどこに停めたか思い出せないとき

車の中にWistikiを置いておけば、スマートフォンとのBluetooth®通信が途絶えた位置として車を停めた場所がアプリに記録されるので、車を停めた駐車場を簡単に見つけることができます。

 

6)Wistikiの付いた鍵がどこに行ったか全くわからなくなってしまったとき

アプリから「紛失届を出す」ことで、他のWistikiユーザーの力を借りることができます。例えば、鍵を道に落としてしまったとしましょう。アプリから「紛失届」を出すと、Wistikiアプリを起動したスマートフォンやタブレットが落ちた鍵の近くを通るたびに、アプリ上にその場所と時刻が表示されるようになります。ただし、このユーザーは紛失届が出ているWistikiの横を通っていることは知りません。情報は匿名かつ自動で更新されます。

また、Wistikiの付いた鍵を誰かが拾った場合には、紛失届が出ていなくても、アプリの「Wistikiを返す」から持ち主にチャットで連絡を取り、受け渡し方法などを話し合うことができます。チャットではアプリに登録されている名前の一部が表示されます。

 

Wistikiの変わった使い方やWistikiが役に立った経験談は、wistory@wistiki.comtwitterでお待ちしています。

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
メールでのお問い合わせはこちらから受け付けております。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk